ヘアケアブランド(ヘアケア商品) 出演モデルの手配と写真撮影

化粧品メーカーから出演モデルの手配と写真撮影の依頼をいただきました。新たにヘアケアブランドを展開するとのことで、WEBプロモーションに活用する写真の撮影の依頼です。

主な依頼は、モデルの手配、写真撮影(撮影班の手配)、撮影スタジオの手配です。

モデルの手配については、クライアントに要望を伺い、取引先であるモデル事務所に相談をし、該当するモデルの資料を提供していただきます。それを基に、オーディション参加者を選び、オーディションを行います。ヘアケア商品のため、ルックスやスタイルだけでなく、髪質も重要でした。オーディション後、出演モデルを選んでいただきました。

今回の撮影班の手配は簡単でした。以前に何度かヘアケア商品の撮影を対応したカメラマンを中心とした、撮影をしているチームで体制を構築しました。

問題は、撮影スタジオの手配でした。今回は、ヘアケア商品ということで、洗髪のシーンがあります。クライアント様が希望されているビジュアルのバスルームがあるスタジオを探さなければなりません。また、ビジュアルだけではなく、シャワーや浴槽の使い易さや、モデルのストレスを軽減するため、控室の使い易さも重要でした。納期までに十分時間があったため、バスルームがあるハウススタジオを、数件、ロケハンをしました。あらかじめ、クライアントから、必要な撮影シーンの資料の提供があったため、洗髪以外のシーンもイメージしながらスタジオを見学しました。クライアントのご担当者様もイメージができたのか、1件のハウススタジオを要望されました。

これからは、撮影に向けてのスケジュール調整です。まず、クライアントが要望された、ハウススタジオの空き状況を確認します。それに合わせ、モデルのスケジュールを調整しました。何日か候補日があがり、クライアントのご担当者様に、候補日の中から選んでいただきました。今回は、スムーズに撮影日が決まりました。

撮影当日です。各シーンの撮影順は、クライアント側で作成していただきました。商品の特性をご存じだからです。その順番通り、撮影を進行していきます。撮影を進めると、なるほど! と思うような順番でした。やはり、ご自身の商品の特性を熟知されています。この撮影順は、事前にご提供いただいていたため、撮影班とは共有していました。そのため、現場で慌てることはなく、撮影を進めることができました。ですが、しっかりと確認作業はします。撮影は順調に進み、最終確認後、終了です。

撮影した写真は、ある程度、私たちで選別をし、ほぼ、すべての写真データをお渡しします。クライアント側で使用する写真をピックアップしていただき、また、各写真ごとに、修整のご指示をしていただきます。そのご指示を基に修正をし、納品をし、すべてが完了です。

モデルの手配から撮影、スタジオの手配、写真の修整まで、まるごと!おまかせください。ご負担を軽減できる体制で取り組んでいます。

” お問い合わせはこちらから “