採用ツール制作(採用サイト・配布資料) 出演者のキャスティングと写真撮影

ある企業から、採用活動用のWEBサイト、バナー広告、配布用のパンフレットに使用する、写真撮影の相談をいただきました。これまでは、自社の社員を起用し撮影をしていたそうです。そして、その写真を、採用サイト、求人WEB媒体、求人雑誌、配布用パンフレットに利用していたとのことです。自社社員を活用して撮影するメリットは、コストを抑えられること、会社をよく知っていることなどあります。ですが、出演している方が退職されたり、その他の問題で、展開している媒体等からの削除を求められることがあります。こうなるとすべての採用ツールの作りなしになります。大変な作業ですし、コストもかかります。また、求人に最適なタイミングを逃してしまうこともあります。今回は、このような問題があったため、当社に社員役のモデルの手配と写真撮影、取材の依頼をいただきました。

この企業は、比較的、若い方が活躍されています。そのため、社員役のモデルは、20代前半から30代前半の男女、合計8名起用していただきました。オーディションは行わずに、書類選考で決めていただきました。コストを抑えることと、お忙しく、オーディションに時間を割けないことが理由です。モデルには、自身が持っている、スーツを持参するように依頼をしました。スタイルストを付けて、衣装をそろえることもできますが、それなりに費用が掛かるため、モデルの皆さんにご協力いただきました。

撮影と取材は同じ日に行いました。まず、社内でのイメージ撮影。その他、お客様がイメージされているシーンを次々に撮影していきました。今回は撮影だけでなく、取材も行いますまず、代表者様から取材をします。あらかじめ、打ち合わせで決めた項目を、プロのライターがインタビューします。もちろん、その取材風景も撮影します。在職者である社員の方々は、露出する写真はモデルを活用しますが、取材は実際の社員の方々から行います。リアルなお話が伺えるからです。代表者様とその他8名の社員の方々からインタビューをしました。

撮影した写真は、一旦、カメラマンが整理をし、すべてお渡ししました。取材をした内容は、ライターが整理をし、読みやすい、伝わりやすい原稿にし、それをディレクターが編集を行い納品します。何度か、修正をして最終納品をしました。

私たちはこの撮影と取材に限らず、採用ツールに関わる撮影、取材、採用サイトや紙媒体の制作には多く携わっております。出演者の手配から制作まで “ ワンストップ “ で対応していますので、採用ツールの制作にお困りの企業様、採用ご担当者様がいらっしゃいましたら、お問い合わせください。

” お問い合わせはこちらから “