アパレルメーカー 外国人女性モデルキャスティングと写真撮影

新規で、アパレルメーカー様から、モデルを起用した写真撮影を行いたいと、ご相談をいただきました。クライアント様も、新規に、女性向けのブランドを立ち上げるため、今回の撮影に力を入れております。また、モデルを起用した撮影は初めてとのことでした。私たちは、ご担当者に分かりやすく、ご負担にならないように撮影まで、進めて行きます。

 

2016_nov_17

 

◆撮影内容のヒアリング
撮影した写真を使用するのは、主に、WEBサイトです。まだ、店舗は持っておらず、WEBでの販売から開始されます。比較的、高めの価格帯です。20代後半から30代前半の、高級感と反していますが、身近な雰囲気を演出できる、『外国人の女性モデル』を希望されています。また、新しいデザインは、30点程度あり、ある程度のボリュームの撮影に対応できるモデルを希望されています。撮影イメージは、ある程度、雑誌や他ブランドのWEBサイトを参考にして確認し、後は、現場で、モデルとカメラマンにおまかせです。

◆撮影チームとの打ち合わせ
撮影チームと打ち合わせを行います。今回の、カメラマンとヘアメイク、クライアント様とチームを繋ぐ、弊社のチームです。ヒアリングした内容を、撮影チームに伝え、撮影に向け、準備を進めます。これまでに、多く手掛けた撮影の内容ですが、何時までに、誰が何をするか、また、クライアント様から、どの様な情報を提供いただくかなど、確認をしました。

◆モデルのキャスティング
モデルのキャスティングを進めます。クライアント様のご要望は、20代後半から30代前半の『外国人の女性モデル』です。キャスティングに協力をいただいている、外国人が祖属しているモデル事務所に相談をしました。各社から、モデルの資料を提供いただきました。今回は、予想以上に多くの候補モデルが集まったため、私たちで、多少選別し、クライアント様に提出しました。

◆スケジュール調整
クライアント様とモデル、カメラマンヘアメイクのスケジュールを確認し、撮影日を決定しました。今回は、撮影に携わる人数が少なかったため、スケジュール調整は容易でした。

撮影当日です。クライアント様がスタジオのいらっしゃる前に、モデルのメイクをある程度仕上げておきます。今回の撮影は、クライアント様が初めてのため、最初のカットで、撮影のイメージを細かく確認しました。また、出来ること、出来ないこと伝えます。

撮影開始です。クライアント様からいただいた、撮影イメージの資料と打ち合わせを基に、撮影を進めます。撮影を進めると、カメラマンとモデルは、クライアント様が求められているイメージを理解できるため、想定以上の撮影を行いました。クライアント様も喜んでいらっしゃいます。30商品(衣装)分の着替えと、ヘアースタイル、メイク3パターンの撮影を無事、終えることが出来ました。その後、20商品分の物撮りをし、撮影は終了しました。クライアント様に、ご負担を掛けず、また、ご納得がいただけた撮影が出来たと考えています。