プロモーションツール用 写真撮影とモデルのキャスティング 生活雑貨製造業

生活雑貨を製造する会社から、カタログやパンフレット、WEBサイトなどの、プロモーションツールに使用する、写真撮影のご依頼をいただきました。クライアント様は、遠方であるため、メールと電話でのヒアリングと進行になりました。今回、プロモーションを行いたいメインの製品は、「クッション」です。モデルを起用し、使用感を演出することを希望されています。また、家庭で利用している雰囲気を出したいとのご要望です。

 

2016_May_11

 

◆撮影内容のヒアリング

撮影した写真を使用するのは、主に、カタログやパンフレット、WEBサイトです。20代後半から30代前半の、家庭的な雰囲気を演出できる、女性モデルの起用を希望されています。そして、家庭で利用している雰囲気を演出したいとのご要望です。

 

◆撮影チームとの打ち合わせ

ヒアリング内容を、撮影チームに伝え、撮影に向け、準備を進めます。何時までに、誰が何をするか、また、クライアント様から、どの様な情報を提供いただくかなどを打ち合わせました。

 

◆モデルのキャスティング

モデルのキャスティングを進めます。今回のご要望は、20代後半から30代前半の、家庭的な雰囲気を演出できる、日本人の女性モデルです。いつも、モデルのキャスティングに協力をいただいている、数社のモデル事務所に相談をしました。翌日には、各社から、モデルの資料を提供いただきました。そのモデル資料を、クライアントに提出し、モデルの選考を行っていただきます。数日後、起用するモデルを提供いただきました。

 

◆撮影スタジオの手配

今回の撮影では、一般的な家庭の雰囲気を演出します。それにあった、ハウススタジオを手配しなければなりません。クライアント様のご要望を伺うと、ソファー、和室、キッチン、食卓、階段、書斎が必要です。すべてが備わっている、ハウススタジオが必要です。今まで使用したハウススタジオの中から、この条件に合う、スタジオをピックアップし、クライアント様と、どのスタジオを利用するか打ち合わせをし、決定しました。

 

◆スケジュール調整

クライアント様のご都合にあわせ、撮影日を決定します。何日か候補日を上げ、撮影チーム、モデル、ハウススタジオの空き状況を確認し、撮影日を決定しました。

 

いよいよ、撮影当日です。クライアントからいただいた、撮影イメージの資料を基に、撮影を進めます。この情報は、撮影に携わる、すべてのメンバーと共有しています。スタジオは、何度も使用したことがあるため、どこに何があるか、また、時間によっての明るさも把握できています。いつものことですが、事前準備がしっかりと出来ているため、撮影は順調に進みます。クライアント様は、私たちの手際の良さと、撮影に取り組む一体感に感心されていました。クライアント様からは、クオリティー高い撮影ができたと、お言葉をいただきました。後は、カタログや、パンフレット、WEBサイトなどで使用する写真を選んでいただき、修正し、納品になります。クライアント様には喜んでいただけ、私たちも、充実した撮影でした。