アパレルメーカー(パーティードレス) 外国人モデルキャスティングと撮影

アパレルメーカー様から、モデルを起用した撮影をしたいと、ご相談をいただきました。結婚式や二次会等で着用する、パーティー向けの衣装を取り扱っています。また、パーティーなどの、特別な時だけでなく、日々の生活でも、少し、華やかなおしゃれを取り入れてもらいたいという思いで、デザイン、販売されています。WEBサイトのリニューアルをきっかけに、モデルを起用した撮影を行いたいというご相談でした。

 

2015_Nov_28

 

◆モデルのキャスティング

今回、撮影を進めるにあたり、担当していただくのは、デザイナーさんです。しっかりと、コンセプトが決まっており、外国人モデルの起用を希望されています。ある程度のモデルのご要望を伺い、各、モデル事務所に、資料提出の依頼をしました。10名程度のモデルの資料が集まりました。当初は、オーディションをしたいとご要望があったのですが、スケジュールの都合で、資料のみで選んでいただきました。イメージにあうモデルがいたようで、即決で、1名の女性の外国人モデルを決めていただきました。

 

 

◆撮影チームの構築

撮影チームは、ほとんどの撮影の仕事を取り組んでいる、カメラマンを中心に構築しました。今回は、ヘアメイクが必要なため、カメラマンさんにお願いをし、仕事がしやすい、ヘアメイクを手配していただきました。

 

◆スケジュール調整

今回の撮影に参加するのは、クライアントの代表者、ご担当のデザイナー、カメラマン、ヘアメイク、そして、モデルです。皆さんに都合を伺い、スケジュールを調整します。今回は、簡単に、撮影日を決めることができました。

 

◆撮影当日に向けての打ち合わせ

本来なら、お会いして、打ち合わせをするのですが、クライアント様は、展示会中でお忙しいため、私とスケジュールが合わず、電話とメールでの確認になりました。私の方からは、『撮影する衣装の数』  『ご要望の撮影のイメージ』  『ご要望のメイク・髪型』  『撮影時に必要な備品』  『撮影商品の搬入方法』 など、質問をしました。それに対し、デザイナーさんから、回答と進行などの資料をいただきました。

・商品点数は約30点。
・撮影時の背景色は、衣装のコンセプトにより、3回(3色)使用したい。
・メイクは基本、1パターンで、髪型は3パターン(参考資料をいただきました。)

いただいた内容を、整理し、撮影に関わる、カメラマンさん、ヘアメイクさん、モデルと共有しました。撮影に携わる方々は、皆さん、プロです。当日の確認でも、しっかりと取り組んでくださるのですが、事前に内容を把握していただくと、余裕をもった取り組みが出来ます。事前準備は大切です。

 

いよいよ撮影です。撮影スタジオに到着すると、カメラマンさん、ヘアメイクさんは、すでに、準備を整えています。モデルが到着すると、早速、メイクに取り掛かります。ヘアメイクさんは、資料を確認しながら、メイク、髪のスタイリングを進めます。デザイナーさんと、私で、撮影する衣装を、撮影する順番どおりに整えます。素敵な衣装が広がると、スタジオは、華やかになります。皆、テンションが上がります。こんな服を着ている女性が、街に溢れていたら、素敵な世の中でしょう。整理が終わると、デザイナーさんと、カメラマンさんで、背景色の確認をし、また、その他の確認をします。撮影が進行します。メイクなしでも綺麗なモデルが、プロのヘアメイクに、メイクと髪型を整えてもらい、より、素晴らしくなっています。見た目、モデルが出す雰囲気が、すべて、クライアント様の衣装やブランド色にあっています。ご満足いただけたキャスティングだと思います。モデルはスキルが高く、雰囲気を感じ、理解し、ポージングを取っていきます。カメラマンさんは、やはり、経験豊富で、モデルのスキルを感じ、それに合わせ、時には、的確な指示をし、撮影を進めます。とても楽しい、撮影です。デザイナーさんも、直ぐにOKを出していただきます。それだけ、1カットごとの撮影が、ご以上の撮影だったのだと思います。30点の撮影が終わり、クライアント様も、満足をいただけた撮影でした。ブランドの魅力を十分に引き出せた撮影だったと思います。今後は、撮影した全データをお渡しし、クライアント様側で、WEBサイトにUPをしていただきます。拝見できるのが楽しみです。